読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうの主婦の頭の中

子育て、時事、諸々、幸せであるための徒然

必要なのはシンプルな考え方

また女性起業家ネタです。

以前、わたしはアメブロでブログを書いていました。

今の自由な感じとは違う、また別のテーマで。

まあごくごく普通のブログなのは今と一緒です。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆

 

自分が心地いいものだけに囲まれたい

好きな人に、素敵なものに囲まれたい

 

そう言いながら

 

興味のないものにアメブロ読者登録し、

Facebook友達申請。

 

矛盾していませんか?

 

 

要するに、

自分を売りたいから、知ってもらいたいから

読者登録し、友達申請するのでしょう。

他の起業家もみんながしているからするのでしょう。

 

「読みたいからする」のではないのでしょう。

 

だから売れないんだと思います。

自分本位かそうじゃないか、自分が相手ならなんとなく伝わりませんか?

 

軸がブレブレなんだと思います。

 

 

自分で自分の人生を作っている。

 

と多くの方が言いますが、本当にそうできているのでしょうか。

 

ほとんどが流されているだけのように思えます。それに気づいて、自分で考えることをしてみて行動を変えれば、今とはまた別のものができあがり、さらに飛躍できるはずです。

 

 

認知、認知といいますが

そりゃ知られることも必要でしょう。

とっかかりだけは必要でしょう。

でもそれが全てではない。

いいものはある程度知られれば、何もしなくても売れるんです。

 

 

 

読みたいから読む。

 

打算は不要。

そんなシンプルな思考が起業していようがいまいが関係なく、各々の幸せの近道なのではないのでしょうか。

女性起業に思うこと

女性起業が流行っている。

SNS起業が流行っている。

 

そしてみんな口を揃えて

引き寄せの法則」に「新月のお願い」、「お茶会」、「自分らしさ」「自分を大切に」「自分の声に素直に」と。

 

どれも否定はしません。

私も好きです。引き寄せの法則新月のお願いも、自分らしさを大事に、自分に素直に生きることも。

 

でもね、

みんなおんなじことを「さも自分が考えました」的に言うのはどうかと。

普通の人が言うのは別に何の問題もないけど

起業していて、自分を売りにするSNS起業で

人と同じことを自分の言葉ですーって言ってもお客は来ないと思います。

 

自分を売りにしているのに特別なものを持っていない人から、誰がわざわざお金を出して買おうと思うのか。

どうせ同じ買うなら中身のある人から買うと思います。

 

そもそもそこのどこに「自分らしさ」があるのか。

人と同じ題材のことを書くにしても、「それに対して自分がどう思ったか」、「こんな風に実感したことがあった」とか、自分の考えを入れるべきかと思います。

 

あと、「今日はココで仕事してます♡」ってホテルのラウンジやスタバ、カフェ、みんな一緒やん。

そこで仕事している自分をupすることが目的になっている人多々…。

そんなことupする暇あったら、自分の魅せ方や商品内容のブラッシュアップを考えた方がよっぽどファンが増えると思います。

 

自分の考えのない人には商品は売れない。

会社で可能性なくお給料も上がらないのがイヤ、だから自分でやってやったらやった分だけもらえる方がいい。

自分のペースで効率よく働きたい。

それを否定はしないけど、それだけではね、って。

 

成功している人もいる、すごいなって思う人もいます。

でも多くの方、そんな甘い考え、中途半端な知識で続けるのは、それはただの「ままごと」だと思います。

 

まぁ、わたしの人生には関係ないからどうこう思う権利、わたしにはないですね(^^;;

 

 

甘えん坊すぎる赤ちゃんにおつかれ気味なママへ

甘えん坊な1歳児。

「赤ちゃんなんだから甘えていいんだよ〜」と言いながらギューっとする毎日。

 

でも、ここ最近ますます甘えん坊がすごすぎて

ちょっとおつかれ気味なわたし。

 

 

よし!と思って

「いっぱい甘えてくれてありがとう♡」ギュー♡♡♡

 

ってしたら疲れが吹っ飛んでめっちゃ幸せな気分になれました。

 

「いっぱい甘えてくれてありがとう♡」

を口に出してギュー♡ってするのオススメです(^^)

上司たるものこうであれ!

うちの夫の話。

 

他部署からうちの夫に来てほしい

と打診があったらしいです。

 

でも上司が

今こいつに出られたら困る

と断ったそうです。

 

 

言いたいことは2つ!!!!

 

 

・《いつ誰が出てもいいようなチームを作るのがリーダーの役割である》

 

 

そして2つ目

・《上司は部下のチャンスを奪うべからず》

 

 

今出られたら困るとか、完全に上司の都合。

夫にとってはチャンスであったのです。

それを上司の都合で断って、夫には事後報告。

「断っといたから〜」と。

 

たった1人が抜けたら困る程度のチームしか作れていないのは、リーダーの責任。

 

いつ誰が長期休んだりするかもわかりません。
だから、『いつ誰がいなくなってもいいよう』なチームを作るのが上司の務めだと思います。

 

 上司であれ、自分の勝手で 部下のチャンスを奪ってはいけない気がします。

 

 

 

部下も自分の子どもと一緒!

部下は上司のオモチャじゃない!

「俺を立てろ」「俺の言うこと聞け」そんな親イヤでしょ?

 

まずは自部署で一人前に育て、

そして、他部署でもやっていけるよう伸ばしてやるのが上司の務めだと思います!

 

 

 

その選択で人生が変わる

「自分が今までしてこなかった方を選択してみる」

 

「そうすれば、芋づる式に人生が変わっていく」

 

 

なるほど。確かに人生はいろんな選択をしてきた結果。その積み重ね。

小さいことでも積もれば山となる!

 

それに、

出発点は小さなズレでも、そのまままっすぐ行けば大きくずれていく  = 大きく変わる。

図に書けばわかりやすい。

 

今までと違う方を選択するっておもしろいかも♡と思ったのでした!

 

他の人のブログからなるほどと思ったので備忘録_φ(・_・♡

子どもにイラっとしないために

子どもに対してどんなときにイラっとしてしまうのか。

 

言うこと聞かないとか

泣きやまないとき、

イタズラしたとき、

あと何だろ。

 

イラっとしてしまう気持ちわかります。

「なんでよー!」って気持ちも。

 

では、どうしたらイラっとせずに済むのか。

そもそもそんなことが可能なのか。

 

断言します。

 

「可能です」

 

だってわたしがそうだから。

 

うちの子、よく泣きます。

言うこと聞きません。

静かだなと思ったら何かやらかしてます。

忙しいとき限って足元まとわりついて抱っこ抱っこと泣きわめきます。

 

それでもイラっとしません。

 

それは「気持ち」。

 

自分たちだって、目の前の子どもと同じようなときがあったんです。だったらその子の気持ちを「わかろうとする」ことはできるでしょ。

 

気持ちを「わかる」ことははっきり言って無理です!でも、「わかろうとする」ことは誰にでもできるはず。

わたしたちだって、大事な人に自分の気持ちをわかろうとしてほしいって思うでしょ?

こんなちっちゃ赤ちゃんだって子どもだって一緒。目の前の大事なパパ、ママに自分の気持ちをわかろうとしてほしいんです。

 

こんなに小さくても、たとえ言葉がまだわからなくても感情を持った1人の人間です。

気持ちを「わかる」ことができなくていい。

優しい気持ちで「わかろうとする」ことが大事。

 

そうすれば目の前の天使ちゃんたちも、安心して少しずつ伝える努力をしようとするから。

 

大事なこと。

コツは「思い通りにしようとしないこと」。

わたしたちだって、親に思い通りにしようとされたら嫌だったでしょ?

 

焦らなくていい。

ゆっくりゆっくり大事な子どもの目を見て安心できる気持ちの環境を作ってあげてください。

 

常に幸せいっぱいのパパ、ママ、子どもちゃんたちが増えますように♡

「どっちが悪い・悪くない」そんなのやめません?

うちの旦那は

誰が悪いか、どっちが悪いかを

決めたがります。

「どうせ俺が悪いんだろ」とか

「お前が悪い」とか…。

 

 

「どっちが」とか

「誰が」とか

わたしにはそんなのどうでもいい。

 

そんなことしたって誰も幸せになれないと思うから。

 

 

それより

対『人』じゃなく

対『起こった事象』に対する原因追求の方が

よっぽどいいとわたしは思う。